Vラインの形ってどんなものがある?〜上手な脱毛機の使い方〜

VIOラインの脱毛をする女性は増えていますが、
Iライン、Oラインと違ってVラインは脱毛する時に形を決めます。
エステサロンや脱毛サロンで脱毛してもらう時も、
あらかじめVラインの形を決めて脱毛をしていくことになります。

 

Vラインの形を女性が気にし始めたのは、下着の歴史にも関わっているそうです。
Tバックが流行った時代やすっきりしたラインの下着が出てきたことで、
はみ出るアンダーヘアのことをムダなものと認識されるようになったことがきっかけです。

 

そこで、Vラインをこれから脱毛しようと思っている女性なら、
Vラインの形について知っておく必要があります。
どんな形があるかを紹介しましょう。

 

トライアングル型
オーバル型
Iライン型
スクエア型
モチーフ型
ハイジニーナ型

 

モチーフ型というのはハート形とかの特定の形です。
いろいろな形にするのが流行った時期があるのです。

 

人気があるのは卵型、トライアングル型です。
卵型は非常に人気が高く、普通の楕円形より下が小さめになっている卵型が人気です。
トライアングル型もどんな下着にも隠れるラインとして、根強い人気があります。

 

形を決めるとそれを少し大きめにするか小さめにするかを決めます。
ラインとしてきれいなのは、恥骨の部分が隠れるくらいの大きさがおすすめです。

 

Vラインには形があることから、形を決めたらラインの境を把握して脱毛することが大切です。
脱毛していく時は、まずは全体的に量を減らしていきます。
脱毛サロンなどでは、最初にVIOの範囲全部を脱毛していくところもあります。
全体を脱毛して量を減らしてから、Vラインは形を整えていきます。

 

ですからVラインの形を意識して脱毛するのは、全体の毛量が減って薄くなってきてからです。
形を整えていく時もいきなり完成形にするのではありません。
少し大きめの形をイメージして、その周りを脱毛していきます。
そして、ある程度周りがきれいになってきてから、少しずつ形を整えていきます。

 

そうすることで、形の周りが自然に薄くなってきて、
毛のある部分ときれいに脱毛した部分の境目がなじむんですね。