脱毛する前のVIOラインの処理&保湿方法!

エステサロンや脱毛サロンでVIOラインの脱毛をしてもらう時には、
自己処理をしてきてください、といわれることがあります。

 

VIOラインの自己処理とはムダ毛のシェービングです。
これはVIOラインだけでなく、その他の脱毛部位も同じです。
黒い色に反応して脱毛する現在の光脱毛やレーザー脱毛では、ムダ毛が生えたままだとムダ毛が焼けてしまいます。
ムダ毛が焼けてやけどをしてしまうかもしれません。

 

とは言っても、場所が場所だけに自分でうまく剃れるか心配な人もいるでしょう。
自己処理をしてきてください、といわれて戸惑っている人もいるかもしれません。

 

また、家庭用脱毛器で脱毛する前もきちんと処理しなければなりません。

 

VIOラインの自己処理は電気シェーバーがおすすめです。
T字のカミソリは毛が絡まってしまいうまく剃れません。
まずハサミで根元近くまでカットしてから、電気シェーバーを当てて剃っていきます。

 

脱毛前のムダ毛の自己処理は、ほとんどのエステサロン、脱毛サロンでしてくるように言われますが、
どこの部位であっても電気シェーバーがよいと勧められます。
脱毛を始めようという人は、まず電気シェーバーを準備しておきたいですね。

 

また、エステサロンや脱毛サロンでVIOラインの脱毛をする時は、ムダ毛を剃った後に専用ジェルなどで
保湿を行ってから脱毛を開始するところは多いようです。
サロンの専用ジェルは冷却作用があるものなど、そのサロンのオリジナルのものが多いので、
保湿の他に冷却や肌の保護作用などが期待できます。

 

脱毛直前のサロンでの保湿だけでなく、脱毛をする人は事前の保湿ケアを念入りにしておくことで、
脱毛効果をアップさせることができます。

 

なぜなら、フラッシュ脱毛は毛を通して光の熱を毛乳頭に伝えるのですが、
毛の表面を覆っている肌がうるおっていることで、熱がスムーズに根元まで届くからです。
たっぷりとうるおっている肌は、熱に対しても強く保たれますので、
脱毛で刺激を与えても肌トラブルを起こす恐れが少なく、痛みも感じにくくなっています。

 

VIOラインを保湿ケアしている人は少ないと思いますが、脱毛をしている間は意識しておくといいでしょう。